D:A 4

Destination: Anywhere – akinori(e_a)'s blog

  • 7月 31

    今月後半に読んだ本をメモ。

    バイバイ、ブラックバード

    あんまり本が読めない状態の時、伊坂さんの本はスッと入ってくるからちょうどいい。Twitterに書いた感想を転載。

    • 繭美は外見がしずちゃんでキャラがマツコ・デラックス。
    • 今回の小説に関しては、手法そのものが彼の表現だったのかな、と思う。
    • 最初の「ゆうびん小説」の段階では、読者は一つひとつ(女性一人ひとり)にまつわるエピソードしか読めない。でも人生とはそんなものだ。一人分しか生きられないし、他人の一面、一時にしか関われない。 それが繋がって一つの作品として提示されると、読者は星野側のストーリーとして読むことになる。
    • 最終章ではこれまでの5人を驚くべき展開で結びつけ、初期伊坂作品に見られたような圧倒的なカタルシスが訪れるのかそうでないのか、あまりネタバレはできないが、伊坂氏は新たな手法を模索しているのではないか、というのが今回の感想。
    ひとり日和 (河出文庫)

    文体も描き出す空気も、僕は好き。でもそこまでかなぁ。時代の空気を映してる、のかもしれないけど、だとするならばそれにしては少しステロタイプというか踏み込まない感じというか。いやそれそのものが表現、なのか。

    なんだかんだ言ってまた読むんだと思う、この人。

    にょっ記 (文春文庫)

    ブルボン小林『ぐっとくる題名 (中公新書ラクレ)』で触れられていたので、読んでみた。この人のユーモア、シュールさ、時にぐっと踏み込んでくる鋭さ。気に入った。軽く読めることばたちも、すごく選び抜かれて磨き抜かれて配置されていて、いやほんとにすごい。すごいしか言ってないな。いっぺんにファンになった。

    世界一わかりやすい英文法の授業

    んー、あまり不躾なことは言いたくないけど、「世界一」ってほどなのかな?という気がする。

    もちろん、英文法が苦手だった大人が再チャレンジするには良書だとは思う。

    このエントリーを含むはてなブックマークはてなブックマーク - [本] 最近読んだ本(2010/07/31) このエントリをつぶやくこのWebページのtweets Share on Tumblr Googleブックマークに追加
Sorry, we're having trouble loading this Tumblr.

Last.fm RPS

e_a
User

Tracks Played : 178267

カレンダー

2022年8月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

カテゴリ別アーカイブ

Last.fm Last week

Last.fm Top Albums

Amazonおすすめ

楽天おすすめ